アレルギー性鼻炎の症状を把握する|スピード受診が鍵

医者

衰えている事に気づかない

家族

自覚症状が極めて低い

難聴とは、耳の聞こえが悪くなることです。しかし難聴は一気に起こるものではなく徐々に進行していきます。そのため本人に自覚しにくいという特徴があります。視力と異なり、聴力の衰えは日常生活に大きな影響を与えません。そして聴力は日常生活の中で測定する機会も少ないのです。聴力の低下を自覚するまでに長い時間を要する事が要因なのです。もともと自然に年齢を重ねると高い周波数の音が聞こえにくくなります。これは自然の現象なのですが、聴力の衰えは高音域からとらえにくくなるのです。高齢者が女性の声を聞き取りにくくなるのはこのせいです。日本語では母音は比較的低い周波数を発する言葉です。母音を聞き取れれば、ある程度の会話をとらえることができるため難聴に気づかないのです。

医療器具である

難聴が進行すると補聴器を使用する機会もあります。しかし補聴器の総称には集音器や助聴器、音声増幅器など様々な器具が含まれています。それぞれに役割も異なるため、補聴器を検討する場合、正しい補聴器の知識を身に着ける必要があります。まず補聴器は医療用の器具となります。そのため医療機関の診断のもとに購入するものとなります。類似品は正確には補聴器ではないことに注意しなければなりません。騒音の中でも皮を聞き取りやすくしたり、耳を傷めることの内容に出力に制限をかけたりすることができます。そのため、補聴器を選択する際には、医師の診断をもとにどの補聴器を選択すべきなのかしっかり判断しなければなりません。ほかの器具は正常な聴力を持つ人のために作られています。